CODEO(コデオ)特設ページ | 耳をふさがない骨伝導ワイヤレスヘッフドォン

アクティブライフをもっと楽しくするコミュニケ―ションツール

骨伝導ヘッドホン「CODEO」の有効性について

このページでは耳鼻咽喉科の先生監修の元、医学的見地からCODEOの有効性についてご説明します。

骨伝導(骨導)で音を聴くとはどういうことか?

耳の構造は大きく3つに分けることができ、耳介や外耳道からなる外耳、鼓室、耳小骨などからなる中耳、そして蝸牛や三半規管からなる内耳があります。

会話をしたり、音楽を聴いたりする際、私たちは音を聴いていますが、この音が脳に伝わる経路には2通りあり、それは気導と骨導と呼ばれています。
気導において音は、耳介から外耳道を経て鼓膜を振動させ、さらにその振動が3つの耳小骨を順々に伝わり蝸牛に到達します。蝸牛の内部には音の振動を電気信号に変える外有毛細胞(ダンス細胞)が並んでおり、これが揺れ動くことで発生する電気信号が内耳神経を経由し脳へと伝わり、音として認識されます。
耳の構造と気導の経路
骨導では、耳介から耳小骨の経路が省かれて、側頭骨から蝸牛へと音の振動が伝わります。
それ以降の音の伝わり方は、気導と同じです。
耳の構造と骨髄の経路
まとめると以下のようになります。
気導: 耳介 → 外耳道 → 鼓膜 → 耳小骨 → 蝸牛 → 内耳神経
骨導: 側頭骨 → 蝸牛 → 内耳神経


私たちは、周囲の音をほとんど気導経由で聴いています。
では、どんな時に骨導音を聴いているのでしょうか。

その一つは、会話をしているときに自分が発した声が、自らの頭蓋骨の振動を通じて骨導で内耳に伝わります。よりわかりやすいのは、耳を両手で塞いで歯をカチカチとさせてみることです。カチカチという音が、耳を開けているときよりも、さらにクリアに聴こえるはずです。

そしてもちろん、会話をしているときは骨導以外の音も聴いています。気導経由の音ですね。
発せられた声は、空気中から自分の外耳道経由で気導でも伝わって来ます。したがって、私たちは自分の発する声は、骨導と気導のミックスした音を聴いているのです。

録音された自分の声を聞くと、自分の声ではないような気がするのは、録音した音を気導でのみ聞いているからであり、気導と骨導のミックスした音とは違うためです。

CODEOは、骨導を経由して音を聴く製品です。

骨導で音を聞くことで健康に悪影響は生じないのか?

基本的に健康には悪影響はないと認識しています。
上記の通り、普段話している声は骨導経由でも聴いていますし、ヘッドセットタイプの骨導製品で医療機器として認められている製品もあります。また、頭蓋骨に埋め込むインプラント骨導補聴器は30年ほど前から活用実績があり、日本においては、2013年よりいわゆる保険診療の適用対象にもなっています。
(※CODEOは厚生労働省に認可されたいわゆる「医療用」としての目的で販売されているものではございません。)

但し、もちろん普通の音楽用のヘッドホン、イヤホンでも言えることですが、大音量で長時間使用した場合は、製品の性能云々以前の「使い方として問題」であり、騒音性難聴などを発症する危険性があるためご注意ください。
(※世界保健機関(WHO)の2015年の調査報告によると、100dB以上の音を15分以上聴くと、聴覚に障害をきたす危険性が高くなるとのことです。)

従って、適正使用を前提としてCODEOの安全性は問題ないと考えますが、今後、耳鼻咽喉科の先生方との情報交換を継続する中で、健康被害に関する情報を得た際は、このサイト等を通じて皆様へお知らせいたします。

CODEOは難聴の方にも有効なのか?

難聴には、音の振動がうまく伝わらない「伝音性難聴」、音の電気信号が脳にうまく伝わらない「感音性難聴」、そしてその両方の症状が混在する「混合性難聴」があります。伝音性難聴は、外耳から中耳にいたる部分の障害が原因であるのに対し、感音性難聴は内耳や聴神経などの障害が原因で発生します。

伝音性難聴を引き起こす原因としては、耳垢栓塞、先天性外耳道閉鎖症、鼓膜穿孔、耳小骨連鎖の異常などがあります。 感音性難聴を引き起こす原因としては、老人性難聴、騒音性難聴、薬物性難聴、突発性難聴などがあります。先天性のものとしては、伝音性のものや感音性のものなどいろいろなタイプのものがあります。CODEOは伝音性難聴の方には使用可能と考えられます。

一方、内耳に障害がある感音性難聴の方には、残念ながら使用は推奨されません。混合性難聴は、個人差がございますので、使用の可否については一概には申し上げられません。CODEOの使用に際して、ご自身の難聴のタイプや程度についてお知りになりたい場合は、耳鼻咽喉科を受診されご相談されることをお勧めします。尚、CODEOは、医療用の補聴器ないしはそれを代用するためのものではありませんので、補聴器の使用を含め難聴の治療や克服等につきましては、耳鼻咽喉科を受診され、専門的な助言や指導を受けられる方が良いでしょう。

実際にCODEOを事前にお試しいただくこともできますので、お越しいただくことが可能であれば、以下の場所にてご試聴されることもお勧めします。

<試聴ができる場所のご案内>
http://store.shopping.yahoo.co.jp/ncd-style-b/trial.html



記事監修:松根彰志先生(まつね しょうじ)
医学博士
1984年 鹿児島大学医学部医学科卒業
1988年 鹿児島大学大学院医学研究科修了
1988年~1990年 ピッツバーグ大学(アメリカ合衆国ペンシルバニア州) 側頭骨病理研究室 留学
鹿児島大学医学部医学科(耳鼻咽喉科学)助教授、鹿児島大学大学院(医歯学総合研究科)准教授を経て
現在、日本医科大学医学部 耳鼻咽喉科学 教授
日本医科大学武蔵小杉病院 耳鼻咽喉科部長、病院研究委員会委員長
日本耳鼻咽喉科学会、日本アレルギー学会等 代議員および専門医、日本鼻科学会等 代議員など
NPO 花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会の設立に加わり 副理事長、事務局長として活動中
*同団体は、花粉症・アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎(蓄膿症)に正しく対処するための研究の支援、更には情報発信と啓発活動を推進しています。
松根彰志先生